転職を決意して退職する時の注意点。

 職をする場合に考えておかなければならないことに退職するまでのこと、そして退職した後の手続きがあります。転職を決意して転職に向けた活動をしていくなかで、転職が決まった場合に必要なことを考えておく必要があります。

 

 例えば転職を決意した場合に、現在勤めている会社にいつ退職を希望をする意思を伝えるかなどです。会社を辞める場合は、最低でも1ヶ月前までには退職の意思を会社側に伝えておく必要があります。突然の退職は現在勤めている会社に迷惑をかけてしまいます。注意しなければならないのは、退職した後も離職票を会社に貰う必要があります。

 

 そのため退職した場合は、会社側と無用なトラブルを起こすことは極力避けたいものです。会社側に最低でも1ヶ月前までには退職の意思を伝え、仕事の引き継ぎなど必要なことをしておきましょう。会社を退職した時は、前述した離職票のみならず雇用保険や健康保険、年金などの諸手続きを会社にしてもらうこともあります。

 

 転職をする上で、退職を円満に行うことはとても重要なことです。退職後に雇用保険の失業給付を受ける場合には、勤めていた会社から離職票を貰う必要があります。この離職票がなければ雇用保険の失業給付は受けることができません。

 

 退職時のトラブルで多いのが、勤めていた会社がなかなか離職票をくれないというケースがあります。会社側は離職票を退職した人に渡すのに時間がかかります。そういう意味でも退職を早めに伝えることが大切というわけです。

 

【人気ページ】
第二新卒の求人情報
第二新卒の求人情報について知りたい方はこちら!

 

社会 - 毎日新聞

 

 離職票をもらったら、まずは最寄りのハローワークで失業給付の手続きをしましょう。雇用保険へ加入していた場合で、まだ転職先が決まっていない場合は雇用保険の失業給付を受けることをお薦めします。転職をする上で退職時の手続きは重要なので、よく考えておく必要があります。