ネガティブ発想の転職に注意

 転職をするには、様々な理由があります。自分の置かれる環境が変わったり、職場環境や対人関係、やりたいことなど人それぞれの転職理由があります。

 

【特集記事】
キャリア向け求人
xn--cckva6n2a9085a89zb.com
キャリア転職に関する、求人関連情報、体験談、情報の探し方はこちらから。

 

 私の知人も何人か転職を経験している者がいますが、キャリア・ノンキャリに関わらずその理由で圧倒的に多いのがノルマとストレスですね。もし、転職にポジティブとネガティブの方向があるとすればネガティブの方の転職です。

 

 ノルマが達成できず給料が下がる、といったパターンで転職する方が非常に多いです。しかしこういったネガティブな内容で転職する場合はしっかりと自己分析を行い、次の求人に応募する前に、同じ失敗をしないように反省点を見つけ出しておかなければなりません。

 

 よくある状況として、ノルマ達成ができなかったのはきついノルマが原因、と簡単に誰かの責任にしてしまうことです。ですが、よく考えてみてください。その職場にノルマを達成できている人もいるわけですよね。達成できている人が少ないのならば、仕方ありませんし、達成できていない人も多いのですから転職しなくてもいいかもしれません。ですが、達成できている人が多いのならば原因は本人にあるのかもしれません。それを改善するためにも自己分析が大切なのです。

 

 もし、そのまま見つけられず転職しようものなら、転職先でも全く同じ理由で苦境に立たされることになってしまうからです。転職によって解決できること、解決できないことがありますのでその点をよく考えて判断するべきなのでしょう。