職務経歴書で自分の経験をアピール!

自分の経験をアピールする

 転職をする場合は新卒者と違い経験が問われることが多く、企業は即戦力を求めているケースが多いものです。そのため、転職する場合には経験をアピールすることが重要になります。現在は多くの企業で書類選考を実施しており、まず最初にアピールするのは応募書類になります応募書類の中でも、特に経験をアピールする種類は職務経歴書だといえるでしょう。職務経歴書は、自分が過去から現在に至るまでしてきた仕事が如実に表れる書類でもあります。それだけ自分の経験をアピールする絶好の機会といえます。

 

職務経歴書は単なる経歴書ではない

 職務経歴書は履歴書以上に応募者の個性が出やすい書類です。また、どういった仕事を経験して、どういった姿勢で仕事に取り組んできたのかが分かる書類ともいえます。そのため、転職を目指す際には、職務経歴書に手抜きは禁物です。職務経歴書は単なる経歴の羅列ではなく、自分が経験してきた仕事の成果や積極的に取り組んできた仕事内容をしっかりアピールしていくことが重要なのです。職務経歴書を作成する際には、ありきたりな書式だけではなく自分の言葉で作成していくことをお薦めします。職務経歴書の作成で大切なことは、自分の経験を最大限にアピールすることにあるのです。