職務経歴や経験がモノを言う転職の面接

専門技術を持つとかなり有利です

 転職活動をするときに「資格」を取ろうと考える人は結構いらっしゃいます。しかしながら、企業側は資格があるからといって、採用をしようという決定打にはならないことがほとんどです。中途採用枠で、企業側が求めているのは即戦力ですから、資格を持っていてもそれを実際に仕事で発揮できるかどうかは職務経歴によって判断されます。もし、同じような経歴を持っていた場合に、資格の有無によって採用が有利になるということは状況によっては起こりますが、それを期待して資格だけに頼っていては転職の成功は難しくなります。つまりは、専門的な技術や経験をどれだけ持っているかが重要なのです。

 

面接では仕事の内容を詳しく話しましょう

 書類などでは印象が良くても話しをすると一気に不採用に近づいてしまうというような方は意外と多いようです。やはり面接が転職の最大の関門ですから、今までの仕事の経歴を全て面接にぶつける気持ちで挑むことが大切です。仕事ができる人は、面接官にも自分の今までの職務経歴を理路整然と話せる人ですし、少し事前のイメージと違う展開になったとしても柔軟に話を切り替えられるかどうかが面接官の印象を左右します。これらは、仕事を通じてしか育たないものですから、面接では話を分かりやすく伝えることが重要です。