20代の転職は1回にとどめておきたい

 20代の転職は、多くて2回、理想としては1回にとどめておくべきです。

 

 20代というのは、法律上は成人していますが、実際のところまだまだ未熟な部分が多く、就職に失敗してしまいがちです。誰でも失敗はしてしまうものですから就職に失敗をしたら躊躇なく転職を考えて良いのですが、それでもあまり転職回数が多いのは考えものです。

 

 たとえば、20代の内に3回転職をしていたならば、もはや若気の至りでは済まされず、自身の管理能力や仕事に対する考え方が甘いと企業に判断されてもしかたがないです。

 

 ですから、就職を1回失敗したとしても、次の転職ではそれなりに自分に対して適性のあるしっかりとした職場に転職をすることが求められます。仕事に限ったことではありませんが、人生はそう何度もチャンスがあるわけではありませんので、少ないチャンスを活かした転職をすることが20代には求められます。

 

 20代というのはなまじ転職に成功しやすいので「自分ならば転職はいつでもできる」と自惚れてしまいがちですが、年齢面でプラスアルファがあると判断されているだけですので、自分の力を決して過信してはいけません。

 

 ですから、どの年代でもそうですが、まだ将来のある20代だからこそしっかりとした転職をすることがとても大事です。まだまだ若いとそんな殊勝な考えにはたどりつけないかもしれませんが、20代で転職回数をいたずらに増やすと30代、40代ではもっと苦労するということを覚えておくべきです。

 

おすすめ情報
賢い仕事探し〜20代転職戦略ガイド〜
20代が転職を繰り返さないためのポイント